Nordgreen Philosopher(3リンクストラップ)購入レビュー

ごいちです。

北欧デンマークで生まれたシンプルデザインの腕時計『Nordgreen(ノードグリーン)』

無駄な部分を排したシンプルで洗練されたデザインが近年話題を集めています。

今回は中でも人気モデルのPhilosopher(フィロソファ)を実際に購入し、写真を添えながら使用感を紹介していきます。

Nordgreen(ノードグリーン)Philosopherの写真
Philosopher(フィロソファ)の写真

プレゼントや自分へのご褒美にもおすすめです。

発売されて日が浅い新しいストラップ『3リンクブレス』ですので、検討している方は是非参考にしてください。

⇒Nordgreen公式サイト

スポンサードリンク

購入モデル:Nordgreen Philosopher(ノードグリーン・フィロソファ)

豊富なカラーラインナップが魅力のモデル

philosopher(フィロソファ)カラーラインナップ

Nordgreenの時計は現状5種類のモデルがありますが、今回選んだのはPhilosopher(フィロソファ)と呼ばれる男女ともにベストセラーのモデルです。

Nordgreenの時計はストラップやケースも含めると100種類以上の組み合わせがありますが、Philosopherはラインナップの中でも最もユニセックスなデザインで、あらゆる種類のストラップが合ってしまいます。

セミオーダーのように組み合わせを選ぶ楽しさがある一方、ケースカラーやストラップの組み合わせ選びが非常に悩ましいモデルです。

ファッションやスタイルによって好みの組み合わせを見つけてみましょう。

Philosopherはユニセックスなデザイン
色・ストラップの組み合わせで印象が大きく変わる

Nordgreenというブランドの面白さや特徴、他のモデルに関しては以下の記事で詳しく紹介しています↓

関連記事

品格のある大人のデザインが好きな筆者が「もっと評価されるべき」を紹介していくコーナー。本日はシンプルで洗練されたデザインと、購入者が自ら選択できる社会貢献活動が特徴的な腕時計のNordgreen(ノードグリーン)について紹介していき[…]

Nordgreen(ノードグリーン)のススメ記事アイキャッチ画像

サスティナブルな取り組みをしている先進的な腕時計ブランドです。

実際に購入した組み合わせ

選択肢が豊富なため、購入モデルを選ぶのも非常に時間がかかりました。

様々な着用写真を見比べつつ実際に選んだのは以下の組み合わせです↓

フィロソファの白文字盤・シルバーケース

モデルPhilosopher(フィロソファ)
ダイヤルカラーホワイト
サイズ40mm
カラーシルバー
ストラップ3リンクブレス

新発売されたメタルバンドを選んでみました。

シンプルで非常に洗練されたデザインになりますね。シルバーチタンの眼鏡と合わせると知的な雰囲気になると思います。

スポンサードリンク

Nordgreenのスペック詳細

Philosopherのスペック情報

時計本体の厚さ

ノードグリーン・フィロソファの側面
側面から撮影した写真
  • 36mmモデル:7.2mm
  • 40mmモデル:7.84mm

薄めでスッキリしている印象ですね。

ケース外側のヘアライン加工(※表面を微細に線状に研磨した仕上げ方法)が美しいです。

よく見ると背面から文字盤にかけて少し傾斜がかかっていてモダンです。

時計本体の素材・ムーヴメント

  • 素材:316L ステンレス鋼
  • 風防:強化ミネラルガラス
  • ムーヴメント:日本製クオーツ
  • 防水性能:3気圧

デンマークデザインの時計ですがムーヴメントは日本製を使用しているため品質も安心です。

電池式ですので電池切れには注意!電池持ちはおよそ2~3年です。

風防はミネラルガラスが使用されています。クリスタルガラスほどの硬度はありませんが、日常使いには十分だと思います。ただ、硬いものにぶつけるなどして傷が付く可能性はあるので、扱いは気を付けましょう。

また、3ATMは日常防水のため、水没させないように注意しましょう。

ダイヤルカラー:2色

文字盤の色はホワイトとブラックの2色あります。

文字版が白い時計は定番ですが付けたことが無かったので、今回は白を選びました。

男性の方にはデンマーク人歌手とのコラボモデルであるブラックダイヤルのモデルもおすすめです。

こちらもメタルブレスと非常に合うと思います。

philosopherのブラック×ガンメタル
philosopherのブラック×ガンメタル

正直自分も黒にするか迷いました。

秒針の先にオレンジ色のワンポイントカラーが付いているなど、単純に白を黒に置き換えているだけでないところがニクいです。

ケースサイズ:36mmと40mm

Philosopherのケースサイズは2パターンあります。

今回私は40mmを選びましたが、軽量さを求める方や女性の方には36mmがオススメです。

ケースカラー:4色

フィロソファのケース色ラインナップ

  • シルバー
  • ガンメタル
  • ゴールド
  • ピンクゴールド

Philosopherのケースカラーは上記の4色あります。

今回自分はシンプルで汎用性の高い定番のシルバーを選びました。

男性にはガンメタルカラーもおすすめです。シルバーよりも少し力強い印象になりますね。

女性の方にはレトロな印象のあるゴールドや、可愛らしい印象のあるピンクゴールドもおすすめです。

ストラップ:20種類以上

Philosopherのストラップラインナップ
ストラップを付け替えると印象が変わる

上記画像のように、ストラップを付け替えるだけで印象が大きく変わります。

単純な色だけでなく、レザー・メッシュ・ナイロン・リンクブレスなど豊富な種類があり、悩む方が多いと思います。

Nordgreenの時計はストラップを簡単に付け替え可能な特徴があるため、交換用のストラップを購入しておくと楽しみの幅が拡がります。

また、Nordgreenを付けている人にはストラップのプレゼントをすると喜ばれるでしょう。

自分は今回新しく追加されたメタルブレスタイプの『3リンクブレス』を選びました。

メタルブレスは、重いデメリットはあるものの、耐久性と、フォーマルでも使える汎用性が魅力です。

リンクストラップは発売されてから日が浅いためレビューをしている人が少ない状態です。

見た目や重さなど気になる方も多いかと思いますので、以下より実際の商品を紹介していきます。

Philosopher(フィロソファ)実物レビュー

Philosopher:シルバー・3リンクブレス
Philosopher:シルバー・3リンクブレス

早速実物を手に取りながら写真と共に紹介していきます。

外観

Philosopherのケース

結構しっかりとした造りのケースに入っています。

プレゼントの際もラッピングの必要性がないのでありがたいですね。

時計の大きさに対してかなり大きく見えますが、レザーストラップの場合折ると跡がついてしまうため、伸ばした状態で収納できるようになっているんですね。

Nordgreenの箱は再生可能な素材が使われているそうです。

時計の裏表に透明フィルム、リュウズにストッパーがついていました。

付属品

フィロソファの付属品
エクストラリンクと調整用金具

今回は3リンクブレスを購入したため、調整用金具とエクストラリンクが付いていました。

自力では調整できないタイプなので、長さを調整する場合はこちらの金具を持参して時計店に持っていきましょう。

0円から1,000円程度ですぐに調整してくれます。

シンプルながら凝った文字盤デザイン

2層構造になっているフィロソファのダイヤル
Philosopherのダイヤル

ダイヤルが印刷ではなくはめ込み式の2層構造となっているため、観る角度によって光の反射が変わり美しいデザインになっています。

よく見ると秒針のデザインが左右非対称になっておりグレー塗装されているなど、シンプルながら手が込んでいます。

日付を示す部分も主張が抑えられています。

よく見るとインデックス部分がレコードのように細い線引きがされており、立体感があるデザインになっています。

フィロソファの文字盤デザイン
レコード盤のような造形が立体感を与えている

北欧らしい引き算の美学を感じさせるオシャレさがシンプリストの心をくすぐります。

凹凸があるので、明るい場所、暗い場所など、与えられる光によって陰影が引き立ち表情が変わる時計ですね。

側面デザイン

フィロソファの側面デザイン

側面はヘアライン仕上げがされており、凹凸により陰影が映えるようになっています。

工業デザインのような気取らなさと、細部まで拘られたデザイン性とが共存しています。

ちょっと先細になったリューズにはNordgreenのロゴマークが刻まれています。

背面デザイン

フィロソファの背面デザイン
フィロソファの背面デザイン

こちらもヘアライン加工で仕上げられています。手間のかかっていそうな造形です。

裏蓋にはphilosopherの文字とロゴマーク、そしてNordgreen最大の特徴である『シリアルコード』が刻まれています。

こちらのコードをサイト上に入力することでサスティナブルな社会支援を行うことができます。

ベルトの取り外し

ベルトはバネの入ったツマミを動かすことで簡単につけ外しが可能になっています。

ここもNordgreenの時計の大きな特徴ですね。

3リンクブレスのデザイン

3リンクブレスのデザイン

非常にシンプルで主張のないデザインになっています。

それゆえPhilosopherのシンプルな造形と非常によく合います。

フィロソファの留め具

留め具には『nordgreen』の文字が入っています。

Philosopher(フィロソファ)の着用写真

Philosopher3リンクの着用写真
Philosopherの着用写真(表・裏)

今回はユニクロUのモックネックと合わせてみましたが、シンプルなデザインなのでスーツなどフォーマルなスタイルにも合わせやすいと思います。

自分は男性としてはかなり手首が細い方ですが、40mmですとこのようなサイズ感になります。

3リンクブレスがよく見えるように側面からも撮影。

フィロソファの側面

サイドのヘアライン加工が本当に美しいです。

横から眺めたくなる時計ですね。

3リンクブレスともよく合いますね。

3リンクブレスのデメリット

ナイロンや革ストラップより重量がある

Philosopherの重さ

計測したところ110gでした。ケースサイズ40mm・メタルバンドの時計の中では比較的軽量ですが、レザーストラップやナイロンストラップと比べると重量感があります。

女性の方や非力な方はより軽量なナイロンやレザーを選ぶと良いと思います。

長さ調整が面倒

リンクストラップの長さの調整方法

腕に合わせて目盛りを調整するだけの他のストラップと比べ、コマ調整がやや面倒なのがリンクストラップのデメリットです。

ボックスに入っている追加パーツを持参の上、時計店に調整依頼しましょう。

0円~1,000円程度で調整可能です。

自分は手首が細いので2コマ余りました。

一度調整してしまえば付け外し簡単なのでデメリットを感じるのは最初だけですね。

Philosopherはどんな方におすすめの時計か?

フィロソファとチタングラス

新社会人

デンマーク産の洗練されたデザインとNordgreenの社会貢献性は、ハイブランドのようなギラギラ感を抑えつつ自分らしさを主張することができます。

そのため、社内での立ち位置を伺うところから始める新社会人の方や、新生活をされる大学生の方にもおすすめです。

特に今回の3リングブレスはカジュアル過ぎないデザインでフォーマルなスーツともよく合うためオススメ。

大切な人へのプレゼント

ペアウォッチとしても最適なユニセックスデザインなので、大切な人とお揃いで身に付けたり、記念日のプレゼントにも最適です。

ストラップをそれぞれ変えることで、ゴテゴテのペア感ではなく、さりげないペア感を演出することができます。

女性の場合はフィロソファのピンクゴールド×5リンクブレスもおすすめです。

フィロソファのピンクゴールド
フィロソファのピンクゴールド

組み合わせを考えてプレゼントするのも楽しいですよ。

ホワイトデーのプレゼントとして紹介する記事はこちら↓

関連記事

ごいちです。もうすぐホワイトデーの時期ですが、皆様はお返しのプレゼントはもう決まりましたか?10代の頃は適当に2,000~3,000円くらいのクッキーやマカロンなど簡単なお返しで済ませていましたが、大人になってくると[…]

ホワイトデーにおすすめの腕時計

Nordgreen Philosopherの購入方法

  1. 公式ショップへアクセス
  2. 購入するモデルを選ぶ
  3. ケースカラー・素材など組み合わせを選ぶ
  4. カートに入れる
  5. 配送先住所の登録・クーポンの入力を行う
  6. 支払い方法を選ぶ
  7. 到着を待つ
  8. 裏のシリアルコードで貢献する活動を選ぶ

全てネット上で完結できます。コロナ禍では有難いですね。

自分は組み合わせを選ぶのに一番時間がかかりました(笑)

でも、自分に似合う時計を選ぶのは非常に楽しかったです。

⇒Nordgreen(ノードグリーン)のサイトで組み合わせを選んでみる

クーポン情報

今回ここまでブログ記事を読んでくださった皆様のために、再生品を除く全商品が15%OFFになるクーポンを差し上げます。

購入時に以下のクーポンを入力すると、全商品15%OFFになります。

かなりお得なので、是非使ってみて下さい。

  • クーポンコード:VCSPRING
  • クーポン率:全商品 15% OFF ※メーカー再生品を除く
  • 利用期限: 2021/3/1~/4/30

単純計算で、20,000円の商品が17,000円になり非常にお得なので是非忘れずに利用しましょう。

クーポンコードは1注文に1つのみ、クーポンの併用はできないのでご注意下さい!

 

\限定クーポン配布中!/
スポンサードリンク
最新情報をチェックするならこちら↓